欧州連合(EU)の欧州委員会は米クアルコムがEU競争法(独占禁止法)に違反したとして2億4200万ユーロの制裁金を科した。18日、明らかにした。2009年から2011年に市場支配的地位を乱用し、競合を締め出す目的で3Gのチップセットを原価割れの価格で販売したという。競争政策担当のマルグレーテ・ベステアー委員は声明で「技術革新と市場競争を阻害し、消費者の選択肢を狭める行為だ」と述べた。