米マイクロソフトと米AT&Tコミュニケーションズは17日、クラウドコンピューティングや5Gなどの分野で戦略的提携を結んだことを明らかにした。複数年にわたる契約で、米CNBCによると取引金額は20億ドル以上。AT&Tはマイクロソフトのクラウドインフラサービス「Azure」を導入し、各種のアプリケーションを移行するほか、社員の大半に生産性アプリケーションの「Microsoft 365」を提供する。両社は5G通信網とエッジコンピューティングを活用するシステムの開発でも連携する。