米テスラのイーロン・マスクCEOは16日、アルツハイマーなど脳に関する課題をテクノロジーで解決するニューラルリンク(Neuralink)構想について説明した。頭に装着した小型のセンサー端子を経由して脳から取得した情報を基に、適切な刺激をフィードバックすることで、症状を緩和する。スタートアップのニューラルリンクが2020年に人間に対する試行を始めるという。