米フェイスブック(FB)の仮想通貨サービス「リブラ」の事業責任者は16日、米ワシントンで開催された公聴会に出席し議員の質問を受けた。各国当局の許可を基にサービスを開始することなどを説明した。リブラ協会におけるフェイスブックの位置づけや、マネーロンダリングや詐欺などへの不正対策に質疑の時間が割かれた。公聴会は米上院銀行委員会で実施され、翌17日は下院の金融サービス委員会で同様の公聴会が開かれる。