米アマゾン・ドット・コムが在宅勤務の期限を2021年1月8日に延長したと、米CNBCとロイターが7月15日に報じた。全世界共通の指針だという。広報担当者は、「引き続き従業員の健康を第一に考え、当局の指導にも従っていく。自宅からでも効率的に働ける人は、そうしてほしい」と述べたとする。同社は今年5月、リモートワークが可能な従業員を対象に、在宅勤務を少なくとも10月2日まで認める方針を示していたという。