米グーグルは7月13日、インドのデジタル経済を加速させるため、同国に約100億ドルを投資すると明らかにした。「インドのためのグーグル・デジタル化基金」を通じて、今後5〜7年で現地企業やインフラ整備に資金を拠出するという。投資分野は、(1)ヒンディー語やタミル語などの多言語に対応した情報サービス、(2)インド独自のニーズに対応した新製品・サービスの開発、(3)現地企業のデジタル変革支援、(4)医療や教育、農業分野における人工知能(AI)技術の活用などである。