米アマゾン・ドット・コムが米国内の物流施設で再び入荷制限を始めたと、米CNBCが7月13日に報じた。すべての商品を対象にした種別ごとの数量制限を同日付で開始したという。同社の物流網は今年3〜5月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で逼迫した。対策として需要の高い生活必需品や医療用品などを優先する入荷制限を実施した。現在、ほぼ通常体制に戻っているものの、年末商戦時も滞りなく商品を届けるため、再び入荷を調整するという。