米アップルの米国内オフィスの全面再開は年末頃まで実現しそうにないと、米ブルームバーグなどが7月13日に報じた。社員宛の通知で述べたという。米国をはじめとする米州のオフィスを年末ごろまでに完全に再開できると見込んでいないとする。アジア太平洋地域と欧州の多くのオフィスについては、地域の状況に合わせながら、数カ月のうちに全面再開できるだろうとしている。リテールおよび人事担当ディアドラ・オブライエン上級副社長は、現在一時閉鎖している直営店の従業員に対し、在宅で顧客対応に当たるように指示したという。