米ツイッターは10日、技術職の実習プログラムを開始することを明らかにした。経験がない人を募集し、アプリ開発などの業務に参加させる。フルタイム従業員として、サンフランシスコやニューヨーク、ボールダー(コロラド)の現場を1年かけて回り、知識や技能を身に付けてもらうという。プログラム修了者は技術者として正規雇用する。技術現場であまり多く見られない経歴を持つ人などを採用し、人材の多様性を高める狙いがある。