米フェイスブックと、同社に対する広告ボイコットを呼びかけている人権擁護団体が7月7日にオンラインで会談したと、ロイターや米CNBCなどが同日に報じた。人権団体側は10の要求項目を提示したが、「具体的な行動の約束はなく、失望した」と述べているという。フェイスブックは「言葉ではなく、行動で評価されるものと考えている」と述べたとする。マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者やシェリル・サンドバーグ最高執行責任者などの幹部と、全米黒人地位向上協会(NAACP)や名誉毀損防止同盟(ADL)、カラー・オブ・チェンジ、フリープレスの代表者が参加したという。