ソフトバンクグループ傘下のビジョン・ファンドによる米ゼネラル・モーターズ(GM)系自動運転企業、GMクルーズへの22億5000万ドル(約2400億円)の出資を米当局が承認した。ロイター通信が6日、報じた。国家安全保障への影響を検討する対米外国投資委員会はソフトバンクグループと中国企業との関係を調査していた。技術を流出しないとの確約をGMクルーズから得て、許可を出した。