米ウーバーテクノロジーズは7月6日、料理宅配大手の米ポストメイツを買収することで、同社と最終合意したと明らかにした。全株式交換による取引で、買収額は約26億5000万ドル。買収手続きはポストメイツの株主や規制当局などの承認を経て、2021年1-3月期に完了する見通し。買収後もポストメイツの消費者向けアプリを存続させるとしている。声明で「ポストメイツはウーバー・イーツのほか、食料品や生活必需品などの宅配分野でも当社の事業を補完する」と述べている。