カナダ大手銀6行が米フェイスブックに対する広告ボイコット運動に参加したと、ロイターが7月3日に報じた。7月いっぱい同社グループのサービスへの出稿を停止するという。参加したのは、ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)やトロント・ドミニオン銀行、スコシアバンク、モントリオール銀行、カナダ・ナショナル銀行、カナディアン・インペリアル商業銀行。RBCは「顧客と地域社会を救う1つの方法は、人種差別のまん延を助長する偽情報やヘイトスピーチに立ち向かうことだ」と述べたという。