米グーグルや米フェイスブックなどのインターネットプラットフォーム企業に対し、英競争・市場庁が消費者に及ぼす影響などを調査する。3日、明らかにした。市場支配力の源泉や個人データの収集・利用方法、ネット広告市場の競争による消費者への影響などを調査する。英競争・市場庁のアンドリュー・ティリー委員長は「急速に変化するマーケットは大部分が閉ざされており、多くの人には理解できない。詳細な調査で何を行っているのかを明らかにする」とコメントしている。