米アップルが中国のモバイルアプリ配信ストアで、当局の認可を得ていないゲームのアップロードを禁じたと、英フィナンシャル・タイムズや米CNBCなどが7月1日に報じた。同国では2016年に有料モバイルゲームアプリに認可制を導入した。これまで容認していたが、今年2月、同6月末までにライセンスが必須になると開発者に注意喚起したという。当局がアップルに対する規制を強化したようだと報じている。約6万本の有料ゲームのうち認可は約4万3000本にとどまり、多くが禁止措置の対象になるという。