米フェイスブックへの広告出稿を停止する動きが広がっていると、米CNBCが6月30日に報じた。これまでに240以上の企業・組織が同社に対するボイコット運動に参加したり、米ツイッターや米ユーチューブも含む複数のソーシャルメディアから広告を引き揚げたりしたという。直近では米製薬大手ファイザーや独ソフトウエア大手SAPなども加わったとする。ファイザーは、7月いっぱいフェイスブックとインスタグラムですべての広告出稿を取りやめるという。SAPは人種差別や憎悪表現の拡散防止に向けた明確な行動を示すまで、フェイスブックとインスタグラムに広告を出さないと述べたとする。