米マイクロソフトが世界各地で展開している直営店を閉鎖し、実店舗の小売事業から撤退すると、米ウォールストリート・ジャーナルなどが6月26日に報じた。米国やカナダ、プエルトリコ、英国、オーストラリアに83店を持つが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年3月から全店を一時閉鎖していた。引き続き「Microsoft.com」などのオンラインストアへの投資を続ける。小売担当者が遠隔で販売やトレーニング、サポートなどのサービスを提供するという。