米アルファベット傘下の米グーグルはインターネット閲覧ソフト(ブラウザー)「クローム」で使用されているユーザーの閲覧追跡技術「サードパーティー・クッキー」のサポート期限を2023年後半まで延長すると発表した。米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが6月24日に報じた。これは同社が当初予定していた2022年初頭から約2年の延期だ。プライバシー保護およびネット広告の効率低下に対する懸念や、英国の競争当局による調査などへの対応を延期の理由として挙げ、業界全体でより多くの時間が必要だと述べた。