米アマゾン・ドット・コムは6月23日、気候変動対策を支援する投資基金を創設すると明らかにした。基金の名称は「クライメート・プレッジ・ファンド」。当初の資金は20億米ドルだという。対象は運輸や物流、エネルギー、製造、資源循環、食品、農業などの幅広い分野。ゼロ炭素経済を促進する製品やサービスを開発する企業に投資するとしている。アマゾンは、パリ協定の目標より10年早い2040年までに事業活動からの二酸化炭素排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の達成を目指している。