ビデオ会議システムの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは6月17日、「エンド・ツー・エンド(端末間)」の暗号化技術をすべての利用者に提供すると明らかにした。当初は有料版の利用者に提供するとしていたが、無料版でも強固な暗号化技術を利用できるようにする。2020年7月からテスト版を試せるという。不正アカウントの作成を防ぐため、ショートメッセージサービス(SMS)による認証を求めるとしている。