米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が米議会の公聴会で証言する意向を示したと、米ウォールストリート・ジャーナルやロイターなどが6月15日に報じた。反トラスト法違反の疑いで米テクノロージー大手を調査している下院司法委員会の要請に応じるという。アマゾンは委員会宛の書簡で「当社は調査に協力しており、適切な幹部を証言させる用意がある。これにはベゾスCEOが今夏、他の企業のCEOとともに証言することも含まれる」と述べたとする。