欧州の料理宅配大手ジャスト・イート・テイクアウェー・ドット・コムは6月10日、米同業のグラブハブを買収することで最終合意に達したと明らかにした。全株式交換による取引で、グラブハブ株1株に対してジャスト・イート株0.671株を割り当てる。買収額は73億ドルになるという。買収手続きは規制当局の承認などを経て2021年1-3月期に完了する見通し。米調査会社のセカンドメジャーによると、グラブハブは米料理宅配市場で首位ドアダッシュに次ぐシェアを持つ。ジャスト・イートは英国やオランダ、ドイツなど欧州のほか、オーストラリアやカナダ、メキシコなど世界23カ国で事業展開している。