米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が電動トラックの量産を指示したと、米CNBCが6月10日に報じた。社内文書で「総力を挙げて量産体制に入る時が来た」と述べたという。モーターなどのパワートレインとバッテリー(2次電池)を米ネバダ州の工場で生産する見通し。テスラは2017年11月に電動トラック「セミ」を発表。当初は19年に販売を始める予定だったが、量産が遅れていた。米食品・飲料大手ペプシコや米小売大手ウォルマートなどが導入を予定しているという。