米アップルが米カリフォルニア州クパチーノの本社で従業員を対象に新型コロナウイルス感染症の検査を始めた。米ブルームバーグや米CNBCなどが6月5日、報じた。希望者を対象に実施しているという。5月からハードウエアやソフトウエアの技術者など一部の社員が本社屋での勤務を再開した。出勤は1週間に2~3日程度で、多くの休憩室を閉鎖し、エレベーターは2人までの措置を取っている。他の社員の出勤再開前にオフィス内のレイアウトを変更する必要があるという。