米アップルのティム・クックCEOは4日、同社が市場を独占しているという考えを否定した。米当局が巨大テクノロジー企業に対する反トラスト法(日本の独占禁止法に相当)違反の調査を準備していると伝えられたことを受けたもので、米CBSニュースのインタビューに応じた。クックCEOは、「我々は調査されるべきだと思う。しかし、独占との結論にはならないだろう」と述べた。