米アマゾン・ドット・コムは、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話大手スプリントから、プリペイド携帯電話事業「ブーストモバイル」を買収することに関心を示している。英ロイター通信が31日に報じた。スプリントは、米携帯電話大手TモバイルUSとの合併に向けて、ブーストモバイルの売却を検討している。ロイター通信は28日、買収に興味を持つ企業は、すでに入札の準備を進めており、買収額は最大30億ドル(約3300億円)になる可能性があると報じていた。今回の報道によると、この買収により、アマゾンはTモバイルUSの無線ネットワークを少なくとも6年間使えるようになる。これが、同社がブーストの買収を検討している主な理由だと、事情に詳しい関係者は話している。