米グーグルはフィンランドに新たなデータセンターを建設する。米ブルームバーグ通信や英ロイター通信が27日に報じた。同社は2009年、ロシア国境に近いハミナの製紙工場を買い取り、8億ユーロ(約980億円)を投じてデータセンターに改造した。今回、新たに6億ユーロ(約740億円)を投じ、ハミナに新しいデータセンターを構築する。グーグルはアイルランド、オランダ、デンマーク、ベルギーにもデータセンターを持つ。07年から18年にかけて、これら欧州のデータセンターに43億ユーロ(約5300億円)を投じているという。