米アマゾン・ドット・コムによる米映画製作大手のメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の買収交渉が最終段階に進んでいる。5月24日に米CNBCなど複数のメディアが報じた。関係者によると、買収額は85億ドルから90億ドルにも上るといい、アマゾンの買収としては2017年の米ホールフーズ・マーケット(137億ドル)に次ぐ規模となる。買収は早ければ5月25日に発表されるという。アマゾンは自社の動画配信サービス「プライム・ビデオ」向けにコンテンツを求めており、映画ジェームズ・ボンド・シリーズをはじめとする多くの映画・テレビコンテンツを保有するMGMの買収で、競合の米ネットフリックスなどに対抗する。