2020年4月の米国ビデオゲーム支出額は前年同月比73%増の約15億ドルとなり、これまでの最高だった2008年4月の約12億ドルを上回った。米シーネットなどが米調査会社NPDグループのレポートを基に22日報じた。ゲーム機やソフト、アクセサリーの合計額。ソフトへの支出額は同55%増の6億6200万ドル、ゲーム機は同163%増の4億2000万ドル、アクセサリーは同49%増の3億8400万ドルだったという。