米アマゾン・ドット・コムがインドで5万人を臨時で雇うと、ロイターが22日に報じた。同国では厳しい都市封鎖(ロックダウン)が敷かれ、多くの顧客が2カ月間自宅待機していた。電子商取引(EC)企業の物流網は当初混乱していたが、最近の制限緩和で業務の大半が再開可能になったという。アマゾンは商品発送センターと配送ネットワークの人員を拡大する。インドの料理宅配事業に参入することも明らかにしたという。