人気ゲーム「フォートナイト」の開発会社である米エピックゲームズが米アップルを反トラスト法(独占禁止法)違反で訴えた裁判は5月24日に公判期日を迎える。米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。エピックは、アップルのアプリ配信サービス「アップストア」で有料アプリに課している30%の手数料が独占禁止法違反にあたると主張し、2020年8月にアップルを提訴した。アップルも反訴している。5月21日にはアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が証言に立ち、モバイル端末市場やゲーム市場には多くの競合が存在すると強調し独占ではないと主張した。