米ウォルト・ディズニーで動画配信事業のトップを務めてきたケビン・メイヤー氏が2020年6月1日付けで米ティックトックの最高経営責任者(CEO)に就任する。米CNBCなどが18日に報じた。ティックトックは動画共有アプリ「TikTok」を手がけ、親会社である中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)の最高執行責任者も兼務するという。メイヤー氏はディズニーのボブ・チャペック現CEOと並びボブ・アイガー前CEOの後継候補と目されていた人物。同氏はCNBCとのインタビューで、移籍は自身の昇進見送りとは無関係と述べたという。