米マイクロソフトとソニーは16日、エンターテインメント分野やAI(人工知能)分野などで、戦略的提携に向けた意向確認書を締結したことを明らかにした。両社は、「Microsoft Azure」を活用して、それぞれが手掛けるゲームやコンテンツのストリーミングサービスに向けたクラウドソリューションを共同で開発する。さらに、両社は半導体とAIで協業を検討する。例えば、ソニーのイメージセンサーとマイクロソフトの「Azure AI」技術を統合し、新たなサービスを法人向けに提供することを目指す。AIに関しては、ソニーがマイクロソフトのAI技術を自社の民生機器で採用することを検討するという。