米エヌビディアは16日、2019年2~4月期の決算を発表した。売上高は前年同期比約31%減の22億2000万ドルで、純利益は同68%減の3億9400万ドルだった。ゲーム向け製品の落ち込みが大きく、同分野の売上高は前年同期比約39%減の10億5500万ドルだった。ただし、直前の2018年11月~2019年1月期に比べて、約10.6%増えた。