米アマゾン・ドット・コムは14日、同社のドローン(無人機)開発チームが医療現場向けフェイスシールドの開発・製造を手がけたと明らかにした。これまで約1万個を新型コロナウイルス感染拡大への対応にあたる医療従事者に寄付した。数週間後にさらに2万個を届けるという。量産も決めた。数週間のうちに数十万個をアマゾンの電子商取引(EC)サイトで原価販売する予定。医療従事者に優先販売し、後に一般の顧客にも広げるという。医療用として販売されている一般的な製品の約3分の1の価格で提供できるとしている。