民泊仲介大手の米エアビーアンドビーが5月13日、2021年第1四半期決算(2021年1~3月期)を発表した。ロイターなどが報じた。売上高は8.869億ドルで前年同期比5.4%増となり、最終損益は11億ドルの赤字。前年同期は3.41億ドルの赤字だった。エアビーアンドビーは新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受け利用者が激減していたが、1~3月はワクチン接種が進んだことで予約総額が52%上昇、アナリスト予想の69.3億ドルを大きく上回る102.9億ドルとなった。特に、最初にワクチン接種を受けた60代以上の米国在住者による夏の旅行先検索は2021年2月から3月にかけて60%増加したという。