ビデオ会議サービス「Zoom(ズーム)」を手掛ける米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズのプライバシー管理問題について、米連邦取引委員会(FTC)が調査を進めていることを示唆したと、ロイターが11日に報じた。FTCのジョセフ・シモンズ委員長は下院議員らが指摘する問題に言及し、「メディアが取り上げるような問題があれば、我々がすでに注視している、あるいは調査を開始する」と述べたとする。ジェリー・マクナーニ下院議員らはズームに書簡を送り、収集された利用者情報やクラウド上に保存される可能性のある利用者の録画データについて懸念を表明したという。