米ツイッターは11日、新型コロナウイルスに関する虚偽情報を含む投稿について、利用者に警告する制度を導入すると明らかにした。誤解を招く恐れのある投稿に対し、事実を確認するようにうながす警告ラベルを付ける。損害の度合いが大きいと考えられる場合は「公衆衛生の専門家の指導と異なる」という警告文を表示し、画面をタップした後に投稿を閲覧できるようにする。重大な損害をもたらす可能性がある場合は削除するという。過去の投稿も含め、すべての投稿を対象にするとしている。