米国内44の州や地域の司法長官は5月10日、米フェイスブックに対し、現在計画中の13歳未満の子ども向けインスタグラム提供を断念するよう求めた。米CNBCなどが報じた。要請は書簡を通して行われ、ソーシャルメディアが子どもに与える健康被害について述べられたほか、フェイスブックが過去に同プラットフォーム上で子どもを守れていないことなども指摘された。フェイスブックは、13歳未満の子どもにはインスタグラム上で広告を表示しない方針だと説明している。