米ドロップボックスは7日、2020年1-3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比18%増の4億5500万ドル。純利益は3930万ドル。前年同期は770万ドルの赤字だった。米CNBCによると2018年に上場して以来初の黒字となった。在宅勤務の広がりで需要が高まっており、20年は通期で黒字を見込んでいるという。3月末時点の有料会員数は1460万人で、3カ月前から11%増加。会員1人当たりの収入は同4%増の126.30ドル。