米アマゾン・ドット・コムや米ファイザー、米スリーエム(3M)などの民間企業が医療用マスクなどの偽造品の輸入阻止に向けて米移民税関捜査局に協力する。米ウォールストリート・ジャーナルが5日、報じた。新型コロナウイルスの感染拡大でマスクや検査キット、防護服などの輸入が急増。品質基準に満たない製品が数多く見つかったという。各社は情報共有し、不審な貨物やネット販売商品の早期発見に協力する。