米ウーバーテクノロジーズは、約3700人のフルタイム従業員を削減する。6日、米証券取引委員会に提出した書類で明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大の影響で配車サービスの利用者が減少していることなどが理由だという。対象は顧客サポートや求人担当。退職金などの解雇関連費用として、約2000万ドルを計上する見込み。ダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は年内の基本給を返上するという。