米物流大手UPSと米ドラッグストアチェーン大手CVSヘルスは27日、処方薬をドローン(無人機)で配送するサービスを始めると明らかにした。 2020年5月初旬からフロリダ州の高齢者居住地区「ザ・ビレッジズ」に住む約13万5000人を対象に提供する。当初はCVSヘルスの1店舗から約800メートル離れた場所に運び、クルマで顧客宅に届ける。