米グーグルは、すべての広告主を対象に身元証明を義務付ける制度を導入する。23日に明らかにした。今夏から利用者は「広告の表示について」のポップアップウインドウで、広告主の情報を確認できるようになるという。透明性を高める狙いがあるとしている。法人には、法人名や本店所在地などが記載された公的書類を、個人事業主には政府発行の身分証明書を提示してもらう。まず、米国で開始し、全世界に広げていく。