定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)サービスを提供する米ユーアイパスが4月21日、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが報じた。公開価格の56米ドルを23%上回る69米ドルで取引を終え、時価総額は約360億米ドルに達した。ユーアイパスは米マイクロソフトの元エンジニアのダニエル・ダインズ氏らによって2005年に設立された。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が拡大し続けており、RPAの需要が高まっている。