米アップルは米クアルコムと、特許ライセンスをめぐる一連の訴訟を取り下げることに合意したと4月16日に明らかにした。世界中で両社が継続中の訴訟をすべて取り下げる。アップル製品を製造する委託先などの同社の契約メーカーを含めて、継続中の訴訟を終了させる。今回の合意には、アップルからクアルコムへの支払いが含まれているという。同時に、両社は2019年4月1日に発効する6年間のライセンス契約を締結。この契約には、2年間の期間延長のオプションや複数年のチップセット供給が含まれているとする。