米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)は在任中最後となる株主への手紙を公開した。4月15日に米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが報じた。文中では従業員を成功に導くためにはどのような価値を創造すべきか明確にした上で、より良いビジョンを示す必要があることを強調した。4月9日にアラバマ州の物流施設で行われた労働組合結成の是非を問う投票では70%以上が反対票を占め否決された。投票結果を受け安堵したわけではないと述べている。ベゾス氏は1994年の創業以来務めてきたCEOを今年第3四半期(2021年7~9月)に退き、取締役会長に就任すると2月に発表した。