米ツイッターの最高経営責任者(CEO)で米スクエアのCEOも務めるジャック・ドーシー氏が新型コロナウイルス対策に10億ドルを拠出する。米CNBCなどが7日、報じた。自身が持つスクエア株の一部を現金化して寄付するという。パンデミックの終息後は残った資金をユニバーサル・ベーシック・インカム(最低所得保障)への取り組みや、女子児童の健康・教育支援などの慈善活動に振り向けるとしている。