新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、米アップルのスマートフォン「iPhone」の次期モデルの発売が延期される可能性があると、米CNBCが25日に報じた。米JPモルガン・チェースのアナリストが予測したという。2011年以降、毎年9月あるいは10月に新モデルを発売しているが、20年は最大2カ月遅れる可能性があるとしている。量産前にアップルの技術者が中国で各種の実証試験を行う必要があるが、世界中で実施されている渡航・入国制限により、計画に遅れが生じるとアナリストはみているという。