米フェイスブック(FB)は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、サービスの利用が急増していると明らかにした。多くの国でメッセージ件数が50%以上増加した。感染者数が多い国では音声・ビデオ通話が2倍以上に増加。イタリアではグループ通話時間が過去1カ月間で11倍に増えたという。一方で、利用が急増しているこれらのサービスは収益化につながっていないとしている。強力な感染防止措置を取っている国では主力の広告事業が打撃を受けているという。幹部はブログへの投稿で「世界の多くの企業と同様に我々のビジネスにもマイナスの影響が及んでいる」と述べている。